株式会社現代集団

新宿西口
企業コンサルタント・会社M&A・投資案件・婚活・良品案内

[新宿西口]東京都庁中央公園前

TEL 03-5354-8840
中文 080-8738-2639
info@gendaishudan.com

日本の観光スポット Best10

日本の観光スポット Best10

第1位北海道

新鮮な「山の幸」「海の幸」のおいしい食べ物と熱い温泉が何カ所もある北の国は、ニセコのスキーや別荘村だけではなく富良野のラベンダー畑、美瑛の丘の花畑、旭川の動物園、利尻島・礼文島のウニ・昆布・ナマコのほか、きれいな高山植物の宝庫でもあり最近では道東だけではなく、道北地方も観光のスポットとなっているようです。

第2位沖縄

エメラルドグリーンの海が果てしなく広がり神秘的な地下鍾乳洞や大型の植物園のほか、エキゾチックな南国の島々が点在する日本の中では特別な場所です。東京から2時間で異文化の雰囲気を味わえる沖縄は、何度でも行きたくなる所です。おみやげとしてはサンゴを素材としたアクセサリーが人気があります。また、アメリカ軍の基地として長い歴史があるせいかステーキやアイスクリームがおいしく、地元でとれる伊勢エビ料理も人気となっています。

第3位京都・奈良

清水寺のほか有名な所が数多く残っており、中でも京都御所や平安神宮、法隆寺の大仏などは圧巻です。食べ物では京料理の中でも野菜を中心とした「おばんざい」が有名です。お店の中には創業200年や300年と続いている老舗もあり、さすが京都といったところです。また、最近では新幹線と一流ホテルがタイアップした旅行パックが流行っております。割と格安で旅行ができるようになり春秋シーズンはいつも混み合います。

第4位東京(ディズニーランド・スカイツリー)

ビジネスよりも買い物向きだという中国人が多くなっております。例として秋葉原の電気街、銀座のブランドショップ、日本橋横山町の問屋街、浅草下町の厨房器具などどんな物でも割と簡単に手に入れることができ、結構人気が高いようです。その他、最近ではスカイツリーや新宿の歌舞伎町などを夜のハトバスツアーで回る中国人が増えているようです。東京は昼の顔、夜の顔と様々なバリエーションがあるので何度来ても飽きないというリピーターが多いようです。また、東京ディズニーランドは若い人や家族連れが中心に訪れ、ホテルとセットで割安なツアー料金となっているほか、最近のスカイツリーの人気も上がっているそうです。

第5位富士五湖・箱根

日本一の富士山がどこからでも見える山中湖・河口湖・箱根はそれぞれ温泉もあって大人気です。箱根は小田急のロマンスカーや新幹線で短時間で移動ができ、中国人観光客には好都合となっています。山中湖・河口湖は中国人向けのホテルも沢山あり、必ず富士急ハイランドとセットになっているそうです。ほとんどの中国人は富士山にあこがれているとかで、中でも雪の富士山が一番人気となっています。

第6位大阪・神戸

昔から大阪は「食いだおれ」といわれ食文化に独特のこだわりがあります。タコ焼きやもんじゃ焼きなど庶民的なものからウナギのことをマムシと呼び精力剤として古くから馴染みとなっています。最近ではディズニーランドと並んで人気の高いユニバーサルスタジオが中国人の大人気となっています。また、在日の中国人も数多く住んでおり中国人はどこへ行っても留学・仕事などで頑張っています。その他、神戸・宝塚・有馬温泉などにも足をのばす機会が増えているそうです。

第7位福岡・長崎(ハウステンボス)

福岡の屋台は全国的に有名ですが、中国でも屋台で食事をするのが普通なので割と受け入れやすく良く利用しているようです。その他、別府温泉・長崎・鹿児島など全体的に2泊3日くらいの予定で直接中国本土や台湾から飛行機や大型客船で観光に来ているようです。時間も場所によっては東京へ行くよりも近く安いので最近はかなり人気が高いようです。九州も温泉が多いのと最近高速鉄道や高速道路が整備されているので移動するのも割とスムーズに行くようです。

第8位横浜

人気の中心はやはり中華街の飲食店にありますが、点心をはじめ名料理の味付けがすべて日本人向けになっているので、特別に注文しないと中国人向けの香辛料の効いた中華は食べられないそうです。ただし、同胞の仲間が古くから来日して成功している姿を見るのが嬉しいみたいで、味の注文はほとんどしないとのことです。食べ物以外ではランドマークタワーや港の大桟橋、倉庫を改造したショップ街が人気のようです。また、ホテル関係者からはもっと多くのお客様が横浜のホテルを宿泊に利用していただけたらと言う声もありました。

第9位日光・鬼怒川

日本の歴史が少しわかる中国人なら徳川家康のお墓である日光東照宮はぜひ行きたい所となっています。浅草から2時間ほどで日光・鬼怒川温泉につきます。まず日光で寺社仏閣を見物した後、鬼怒川温泉の熱いお湯で疲れをとり、地元産の食材をつかった料理での宴会席となるそうです。

第10位東北

平成23年の大地震と放射能がまだ完全にふりきれていないので、現在は人気が低いようです。特に放射能の影響を随分大きく考えているようで旅行・留学・仕事など今でも敬遠しているとのことです。もう少しの時間がかかるのではないかと思いますが、地元の方たちが努力しているのでまた中国人が以前のように訪れることでしょう。どこの地域でも外国人に対して東北の良いところ、日本のおもてなしの心を伝えて行くことが必要かと思われます。